日銀、週明けから国債買い取り 追加緩和策は見送り

印刷

   日本銀行は2010年11月4、5日に開いた金融政策決定会合で、10月に追加の金融緩和策として創設した「資産買入等基金」(総額35兆円のうち、約5兆円分の枠)による国債の買い取りを、週明け(11月8日)から開始することを決めた。

   また、上場投資信託(ETF)と不動産投資信託(REIT)の買い取りは12月半ばにも開始する。買い取りの対象となるETFは、日経平均株価(日経225)や東証株式指数(TOPIX)に連動するもの。REITは、ダブルA格相当以上の格付けを有する、信用力などに問題がないもの。

   一方で、さらなる追加の金融緩和策は見送られた。足元の景気については、「緩やかに回復しつつあるものの、改善の動きに一服感がみられる」との認識。消費者物価では「基調的にみると、下落幅は縮小傾向を続けている」としている。

   当面の金融政策運営では、無担保コール翌日物金利の誘導目標を0~0.1%程度に据え置くことを、全員一致で決めた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中