捜査資料流出本の出版を差し止め 東京地裁

印刷

   警視庁から流出したとみられる国際テロ捜査に関する内部資料を掲載した本を第三書館(東京都新宿区)が出版した問題で、東京地裁は2010年11月29日、同社に出版差し止めを命じる仮処分を決定した。個人情報を掲載された日本在住のイスラム教徒数人が差し止めを申し立てていた。

   問題の本は、25日に発行された「流出『公安テロ情報』全データ」。申し立てたイスラム教徒らの氏名や写真などが掲載されており、地裁はプライバシー侵害にあたると判断した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中