大人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」 首食いちぎられる残酷シーン巡り苦情

印刷

   残酷なシーンがある大人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」を放送するのはいかがなものか、とBPO(放送倫理・番組向上機構)に苦情が寄せられた。一方、ファン達はネットの掲示板やブログで「何の問題もない」と大反発している。

   BPOに寄せられた苦情や意見は同機構のホームページで見ることができる。

残酷描写を確信犯的に売り物にするアニメ?

   その中に、

「深夜アニメだが、怪物が少女の首を食いちぎるシーンが放送された。脚本家は、『これから毎週やらかしていく』などと残酷描写を売り物にするようなことを公言している。深夜とはいえ、テレビで残酷描写を確信犯的に売り物にする番組を放送するのはいかがなものか」

というものがあった。これは「まどか☆マギカ」のことを指している、とネットで騒ぎになった。

   「まどか☆マギカ」は2011年1月からTBS系で放送が始まり、早くも今年一番のアニメだといった評判が出ている。主人公の中学二年生の鹿目まどか(かなめ まどか)は、悪い魔女(化け物)を退治するため、特殊能力を持つ魔法少女になってほしい、と謎の生き物に誘われる。魔法少女になる決心がつかないまま、魔法少女・巴マミが魔女と戦うシーンに遭遇する。そして第三話で、マミは魔女に頭から噛みつかれ絶命。これが非常にショッキングなシーンだとネットで話題になり、「まどか☆マギカ」の人気をさらに高めることとなった。

「大人に関しては問題ない」

   「魔法少女」といえば子供達が大好きなジャンル。ただし「まどか☆マギカ」は深夜放送で、親の中には子供に見せて良いかどうか迷う人もいた。

   掲示板「2ちゃんねる」では1月23日、「『まどか☆マギカ』を小学4年の娘に見せて大丈夫でしょうか?」というスレが立って活発な議論が行われている。そこには「小6の姪は毎週楽しみにしている」というのもあるのだが、3話はトラウマになった、などというカキコミとともに、「深夜アニメは大きなお友達がみるもの」「そもそも小4の女の子が深夜アニメ見る時代なのか」などといった否定的なものが多く出た。

   今回のBPOに寄せられた苦情についての感想は掲示板やブログに書かれているが、子供が観るのはどうかと思うが、大人に関しては問題ない、という意見が多い。

「まどかグロくはないだろ 首の断面が見えたわけでもない 肉や骨をかみ砕く音が聞こえたわけでもない」
「ただのかまってちゃんが 人気がありそうなアニメを叩いて 相手をしてもらいたいってだけだな」
「深夜アニメですら苦情言ってくる馬鹿ばっかりになって つまらない世の中だな」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中