首相会見中に放送事故? 不謹慎な会話流れる

印刷

   フジテレビが2011年3月12日に放送した地震特番で、同日20時半過ぎに行われた菅直人首相の記者会見を生中継した映像の中に、放送事故ともとれる音声が入っていたことがわかった。

   首相会見映像の冒頭、男性とみられる声で、まずは「ふざけんなよ。また原発の話なんだろ、どうせ」という言葉が聞こえ、次いで女性とみられる声で「だから、ここからあげられる情報がないっつってんだろ」「あはは。(前後の文脈は不明)笑えてきた」といった会話が流れた。インターネット上では「さすがに会見現場ではないでしょ」「信じられないようなセリフ」「発言が不謹慎」といった書き込みが寄せられた。この会話自体は、どこで誰がしたものかはわかっていない。

   ちなみに、ITジャーナリストの佐々木俊尚さんは、自身のツイッターで、「私の経験で言えば、報道現場であまりにも激務が続いて追い込まれると精神状態がおかしくなって変に高揚し、おかしくないのに笑ったりしてしまうことがある。失言は仕方ないよ」と書き込んでいる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中