サイトでのエイプリルフール「ネタ」 今年は自粛の企業も

印刷

   4月1日のエイプリルフールはここ数年、自社のwebサイトで手の込んだ「ネタ」を披露する企業が多かったが、2011年は東北関東大震災の影響などをふまえてか、実施しない企業も出ている。

「例年4月1日に実施しておりましたエイプリルフールイベントを諸般の事情を鑑み、実施しないことに決定いたしました」

ゲーム会社の「アイレム」は実施せず

   ゲーム会社の「アイレムソフトウェアエンジニアリング」は2011年3月18日、こう発表した。同社のエイプリルフールイベントは2000年からはじまり、自社サイトでエイプリルフールの「ネタ」を披露する先駆け的な存在だった。たとえば、2010年は開発中止になったという架空の設定でRPG(ロールプレイングゲーム)の1日限定β版を公開したり、2009年はアドベンチャーゲームを公開したりして、ユーザーを楽しませた。それだけにインターネット上では、今年は恒例イベントがないことを残念がる声が相次いだ。

   また、2010年はテレビアニメのキャラクターが自社サイトのトップページをジャックした「さくらインターネット」。田中邦裕社長は2011年3月31日、自身のツイッターで、「明日のエイプリルフール企画を行わないこととなりました」と明かしている。ユーザーに楽しんでほしい気持ちもあったが「現状の環境を鑑み判断致しました」として、楽しみにしていた人にお詫びした。同社の広報も取材に対し「準備はしていたのですが」。

「円谷プロ」はやるのか?

   ウルトラシリーズを制作する「円谷プロダクション」も毎年、手の込んだ仕掛けを行っている。2010年は「ツイッター」ならぬ「円谷ったー」が開設されキャラクターたちが「つぶやいた」り、人気の怪獣「カネゴン」がブログを更新したりした。現段階ではなんの告知も出ていないが、インターネット上では「円谷エイプリルフールネタを気長に待つ」「やって欲しいです」「やらなくても我慢」「やらなくても仕方ないよなさすがに」などの意見が出ている。

   もっとも、エイプリルフールの「ネタ」のあるなしは4月1日になってみなければわからない。ツイッター上では「こんな時期だしエイプリルフールは自重して欲しい」「エイプリルフールネタ自粛する所がほとんどなんだろな」という書き込みから、「こんな時だからこそ今日は楽しんでほしいという思いを込めて例年通りやってほしい」「今年のエイプリルフールは『え!?ウソじゃないの!?』みたいなホントを被災地の方々にプレゼントしてあげたい」という意見まで両論出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中