震災の名称は「東日本大震災」 持ち回り閣議で決定

印刷
記者会見に臨む菅直人首相
記者会見に臨む菅直人首相

   菅直人首相は2011年4月1日夕方、1週間ぶりに記者会見を開き、3月11日午後に宮城県沖で発生した地震にともなう一連の災害を、「東日本大震災」と呼ぶと持ち回り閣議で決定したと発表した。あわせて、11年度予算の一部の執行を停止し、がれき処理や仮設住宅建設のための1次補正予算を4月中に提出する意向を明らかにした。

   東京電力の福島第1原子力発電所の現状については、「長期戦を覚悟して必ず勝ち抜く」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中