岩手・宮城・福島で地デジ化延期

印刷

   総務省は2011年4月20日、東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島の3県について、7月24日に予定していた地上デジタル放送への完全移行を、最大で1年間延期すると発表した。

   多数の受信設備が津波の影響で流失したことなどから、当初の予定に間に合わないと判断した。7月24日の完全移行は電波法で定められており、延期には法改正か特例措置が必要となる。3県を除く各都道府県では、予定通り7月24日にアナログ放送を停波する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中