小学生死亡事故容疑者の強い思い入れ 「生まれ変わってもクレーン運転士に」

印刷

   栃木県鹿沼市で登校中の小学生6人がクレーン車ではねられ死亡した事件で、逮捕・送検された運転手の男性容疑者(26)は、クレーン車が好きで、思い入れを語った市の広報誌やプロフが見つかっている。

「クレーンを巧みに操作する先輩の姿にあこがれ、この仕事に就きました」

「50トンのクレーン車を乗りこなせるようになりたい」

   2010年春に発行された鹿沼市の広報誌では、「まちのフレッシュさん」として紹介され、本人はこう話していた。

   ほかにも、クレーンの正確な操作がまだ先輩に及ばないから、運転士としての技術を高めている毎日だ、と述べている。今は仕事が一番の関心事であり、本人は「30歳になるまでには50トンのクレーン車を乗りこなせるようになりたい」と抱負を語っていた。作業現場と思われる場所で映した写真も掲載され、作業服を着た本人がたたずんでいる。

   男性容疑者が移動式クレーンの免許を取得したのが2009年4月。高校卒業後、いくつかの会社を経て、2010年5月ごろ現在の重機会社に入社した。試用期間を経て、その年の8月には正社員になった。事故があった当日のことを男性容疑者は「居眠りをしていた」と供述しているが、薬の飲み忘れによる持病のてんかんの発作の可能性も指摘されている。また、3年前の2008年4月にも「居眠り運転」で、登校中の児童に重傷を負わせる事故を起こしている。

「周りから尊敬される運転士になりたい」

   ケータイ向けのプロフィール作成サービス(プロフ)でも、本人のものと思われる写真付き自己紹介ページ(最終更新日は2011年1月18日、現在は削除)が見つかった。それによると、ハンドルネームが男性容疑者と同じファーストネームで、年齢と職業、住んでいる場所なども一致する。写真にある鼻の脇から唇にのびるほうれい線、分厚い唇などは報道された映像や写真と似た風貌だ。

   プロフの記述を見ても、仕事には誇りを持っていたようだ。職業の欄には「移動式クレーン運転士。おれの運転姿見るとすきになっちゃうから気をつけてね」とあり、自慢は「現場が自分中心に動く仕事をこなしてる事。誇りだね」。さらに、将来の夢は「どんな大きいクレーンでも小さいクレーンでもなんでも乗りこなす周りから尊敬される運転士になりたい」と語り、生まれ変わっても「やっぱりクレーン運転士になりたい」とも書き込んでいた。

   また自身の性格のことで、周囲からは「慎重」「几帳面」「頭良さそう」と見られているが、自分ではそう思っていない。ふだんは「おもしろい」「明るい」「優しい」と言われることがあり、好きなことには野球、サッカー、バスケ、アイスホッケーを挙げている。

   容疑者をよく知る関係者は「(彼は)真面目で素直な性格、向上心もあった。いつか大きいクレーン車に乗りたいと、夜も運転の練習をしていたと聞く。ただ、いくら明るく素直だったとはいえ、3年前にも似たような事故を起こしていたにも関わらず、また同じ事故を繰り返したことは、本人に自覚が無いとしか言えない」と憤った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中