福島県内の宿泊キャンセル68万人

印刷

   福島第一原発の事故以降、福島県内の旅館・ホテルへの宿泊予約をキャンセルした客は延べ約68万人、金額にして74億円に上っていることが県旅館ホテル生活衛生同業組合の調査で4月25日わかった。組合は少なくとも秋まで新規予約が見込めないとみている。福島民報が報じた。

   4月17日に東電が原子炉安定までの工程表を発表、原子炉の安定に6~9か月かかると発表すると、解約は秋の行楽シーズンまで拡大した。観光客の予約はほぼなくなったという。

   いわき市の温泉地の旅館経営者は「放射能が怖いと言われた。今後、客は来るのか」と危機感をあらわにした。郡山市磐梯熱海温泉で旅館業を営む菅野豊理事長は「風評被害の補償は当然。国や県などに風評被害の沈静化に向けた支援を求める」と話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中