英キャサリン妃のドレスはいくら? ネットで関心集まる

印刷

   2011年4月29日、ウィリアム英王子とキャサリン(愛称ケイト)・ミドルトンさんの挙式が行われた。キャサリンさんが着るウエディングドレスは当日までどのようなものか明かされず注目が集まっていた。

   大勢の観衆の前に現れたキャサリンさんが着ていたのは、肩から腕、胸元をレース素材で仕立てたシンプルなデザインのドレスだった。細身の形で「キャサリンさんのスレンダーな体型を引き立てていた」との評価もあった。

挙式は動画サイトでも「中継」

   挙式の様子は動画サイト「YouTube(ユーチューブ)」やNHK BS1で中継され、日本でも見ることができた。視聴していたインターネットユーザーらは「あのドレスおいくらかしら」「誰がデザインしてんだろーなー」と書き込み、ドレスの価格やデザイナーに興味津々の様子だった。

   ドレスをデザインしたのは、英ブランド「アレキサンダー・マックイーン」のクリエーティブディレクターであるサラ・バートン氏。

   同ブランドは高級ブランドとして知られる。公式サイトを見てみると、リニューアル中で、トップページ以外は見ることができなかった。同ブランドを扱っている日本の通販サイトをみると、ニットカーディガン10万8000円、レザーパンツ15万8000円など、10万円から20万円程度の商品が多いようだ。結婚式用のドレスは見つからなかった。

   キャサリンさんのドレスの値段を報じるメディアは、日英大手紙をみる限りまだ見当たらないようだ。

   4月30日放送の情報番組「ズームイン!!サタデー」(日本テレビ系)では、ファッションデザイナーの渡辺弘二氏が、

「シンプルで美しい『プリンセスライン』。かわいらしいというよりはセンスがいい」

とドレスについて評していた。

   また、ツイッターでは、キャサリンさんのドレスについて、「私も着てみたい」「上品でステキ」など概ね好意的な反応が多かった。やはり値段が気になる人も少なくないようで、「高いんだろうな~」などとつぶやいていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中