自己負担ゼロで行ける学生ボランティア

印刷

   京都に本部を置くNGO「日本国際民間協力会(NICCO)」が募集する学生ボランティアなら、費用負担なしで東日本大震災の被災者支援活動に参加できる。

   NICCOでは毎週継続的に学生ボランティアを被災地に派遣しているが、被災地までの交通費、現地での移動費、宿泊代、食事代、災害ボランティア保険料をすべてNICCOが負担している。ただし、宿所の掃除、食事の準備・片づけは、学生が自分達で行う。また、作業着、長靴、軍手、洗面用具など身の回りの持ち物は各自で用意する。「なるべく学生さんたちに金銭負担のかからない形で参加してもらえればと思っています」と担当者は話す。

   現在、2011年5月21日から28日まで活動する第6次チームの募集をしている。申し込みの締め切りは13日18時。東京発と京都発のグループを募集していて、両グループは東京で合流し、事前研修を受けた後、被災地に向かう。活動場所は岩手県陸前高田市と宮城県気仙沼市で、学校や家屋の片づけ・掃除、がれき撤去、炊き出しなどを行う。

   学生ボランティアは今後も毎週募集し派遣していくという。募集要項は以下のURLから。

http://www.kyoto-nicco.org/project/support/recruitment/post-14.html

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中