「ひどい!ミヤネヤ」尾木ママ ブログに抗議文、局側は謝罪

印刷

   「尾木ママ」として知られる教育評論家の尾木直樹さんが、自分の意図とは違う形でコメントが放送されたことに「編集権の濫用」だと憤っている。尾木さんは正式にテレビ局側に抗議し、テレビ局側は正式に謝罪したという。

   尾木さんが問題視したのは、2011年5月19日に放送されたワイドショー「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)。橋下徹大阪府知事が、入学式や卒業式での国歌斉唱を拒否する教職員について「絶対辞めさせる」などと述べたことについて取り上げた中で、「尾木直樹が橋下政策に物申す」と題して、

「有無を言わさず、従わない者は処分しようというのは、時代錯誤だと思う」

などとする電話コメントを放送した。

「編集権の濫用は迷惑」

   ところが、尾木さんが同日夕方に「ひどい!ミヤネヤ」と題して更新したブログによると、

「私が強調したのは 君が代問題ではなく 大震災から復興最中 日本がこころ一つ 力繋いで 頑張っている最中 時期が違う 違和感ある 強調したものです オンエア部分は アナウンサー? のこだわりに過ぎません」

と、コメントは発言の趣旨とは違う文脈で放送されたものだと強調。さらに、

「電話コメント いいことに 編集権の濫用は迷惑 視聴者に誤解与えかねません 私は 番組に 強く抗議申し入れます」

と、怒りをあらわにしている。

   ただし、翌5月20日付けのブログでは、

「取材や 私のコメントを全部文字化して 慎重に検討した結果 私の意図とは 大きくズレる部分のみ使用 私だけでなく 視聴者にも あおる結果になり 申し訳なく思うとのこと」

と、すでに読売テレビ側から正式に謝罪があったという。今後の対応については、

「今後はこのようなことにならないよう丁寧な対応と番組づくり約束されています 私としては その決意を見守っていくことにしました 私たち視聴者もメディアリテラシーに磨きかけないとテレビ文化育てること 出来ません」

と、今後の番組内容を注視したい考えだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中