ペットの避難所できた 福島市の運動公園に

印刷

   震災被災者の避難所となっている福島市のあづま総合体育館に隣接して、ペットの避難所が開設された。あづま総合運動公園の駐輪場を改築して造られた電気、水道、冷暖房が完備した本格的な施設。6月6日、被災者18人が飼っているイヌ16匹とネコ5匹が入った。

   避難者の多くは震災後ペットを手放さざるを得なかった。そうした中で、あずま総合体育館にペットを連れて避難した人たちは、公園の敷地内や自家用車の車内で飼育してきた。

   このため、まわりへの迷惑や衛生面、ペットのストレスなどが懸念されていて、福島県都市公園・緑化協会と県獣医師会が中心になってペット専門店の協力を得てペット専用の「仮設住宅」を実現させた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中