政治&タレントどっちつかず 「杉村太蔵」今後の身の振り方

印刷

   前衆議院議員の杉村太蔵氏が2010年から出演しているTBS系「サンデージャポン」の企画で「2か月ぶり」という被災地を訪れた(2011年6月12日放送)。がれきの積みあがった街を歩きながら厳しい表情を浮かべていた元政治家も、昨今の活動となると「?」で、政界復帰の可能性も消えかかっている。

肩書きは「薄口政治評論家」

   VTRでは、スーツを着た杉村が仙台市内のスナックで働く女性と再会し、彼女の地元・陸前高田市を一緒に訪問。行方不明のままの兄に花を供える彼女に「もう一度この街に住みたいと思われます?」と神妙な面持ちで尋ね、最後には涙を浮かべた目元だけがクローズアップで映し出された。

   同番組での杉村の肩書きは「薄口政治評論家」だが、もっぱら過去の経験談で笑いを誘い、「イジられ役」としても定着しつつある。2010年6月の参院選落選以降増えているテレビ出演も、政治とは無関係のものが多く、最近ではソフトバンクのCM「白戸家」やJリーグの副音声解説など、よく言えばマルチタレント的にジャンルを広げているのだ。

テリー伊藤「役者になったらどうか」

   坊主頭でそれまでの「失言」を謝罪、再度の支援を仰いだ参院選出馬・決意表明(2010年6月)も今や昔の感がある。落選直後の2010年7月に開設した公式サイトでは政治関連の話題を発信しているようだが、有料会員限定公開のため、一般には具体的な活動内容が見えにくく、タレント的活動ばかりが目に付く状況だ。決意表明時の動画(ユーチューブ)に寄せられたコメント欄には、批判に加え、「彼については、今後の行動を見て考えよう。一度失った信用を取り戻すのは大変だぞ。一歩一歩、少しずつ、俺の印象を変えてみろ」といった期待するコメントも見られた。

   政界復帰かタレントか――。どっちつかずのイメージだけに、"支持者"は今の杉村氏の姿をどういう思いで見ているのだろうか。

   「サンデージャポン」で共演しているテリー伊藤氏は「ZAKZAK」に連載している「テリー伊藤のコラム狸の皮算用」(5月30日更新)で、「本気でテレビの世界で活躍したいんだったら、もっと苦しい道を選んでほしいね。いっそのこと、役者になったらどうか」と提案。さらに、森田健作千葉県知事の逆パターンとして、政治家から役者になり、「どうしても政治家に返り咲きたいというんだったら、40歳すぎてからでも遅くはない」と、奮起を促している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中