「キッチンから節電を」 夏に向け注目の「調理時短」

印刷

   東日本大震災や東京電力福島第1原発事故の影響で、大規模な節電が避けられない2011年の夏、煮炊き時間をできるだけ抑え、短い時間で調理する「時短メニュー」が注目されている。

   食品メーカーや食品関連団体などは震災直後から、ホームページ上でさまざまな節電レシピを紹介、「キッチンから節電を」と呼びかけている。

電気もガスも使わない簡単レシピ

   味の素は「今みんなでできること! 節電応援レシピ」とうたい、11年4月からネット上で「電気もガスも使わない簡単レシピ」などを紹介している。特に話題になっているのが、有名料理家らが考案した「プロの節電レシピ」。京都の老舗料亭「菊乃井」の主人、村田吉弘さんや、日本料理「日本橋ゆかり」のオーナーシェフ、野永喜三夫さんらのレシピも並んでいる。

   電気やガスを一切使わず調理できると いう野永さんの「塩ツナ缶とレタスあえ」は、ツナ缶と手でちぎったレタスを使うもので、暑い夏には試してみたくなる逸品だ。

   火を通さず調理できる缶詰や乾物などは今夏、特に注目が集まる食材。「火を使わなくても調理可能なうえ、常温で保存できるので、保存するために冷蔵庫 に入れて大きな消費電力をくうこともない」(食品関係者)ためで、ネット上でも多彩なメニューが盛りだくさんだ。

   一方、料理教室を全国展開している「ベターホーム協会」はネット上の「省エネ調理の方法とレシピ」で「保温調理」や「余熱調理」などを紹介している。 保温調理とは、鍋を熱いうちに布などで包み、余熱を利用して加熱する調理方法で、電気やガスの消費を抑えられる。ネット上では、バスタオルやひざかけなどを活用して、うまく保温調理する方法などが、イラストで分かりやすく示されている。

ハウス食品が「20分レシピ」予定公表

   カレー情報の分析やメニュー開発などを手がける「カレー総合研究所」でも、「家カレー向上プロジェクト」の一環として、緊急特別企画「節電・時短カレー」に着手した。「節電が必要な今年の夏こそ、主婦を応援する時短カレーで乗り切ろう」との合い言葉の下、短時間でつくれるカレーを紹介している。通常のカレーは、タマネギを飴色になるまで炒め、長時間煮込まなければならないが、ネット上では加熱時間が5分以内ですむカレーをはじめ、長い時間煮込まないでも出来上がるインドカレーの定番「バターチキンカレー」の調 理法などを紹介している。

   ハウス食品も、「無駄のない、環境にやさしいクッキング」である「スマートクッキング」を提唱する活動の一環として、料理を短時間で作れる「おいしいね!まで20分レシピ(仮)」を6月中旬から順次、公表することにしている。

   食品メーカーなどは「今は差し迫った必要性がある時短メニューだが、将来的には女性の自由時間を増やし、女性が快適に過ごすことに活用してほしい」などと話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中