鎮魂ねぷた練り歩く 東北の夏祭り開幕

印刷

   東北に、今年も夏祭りの季節がやってきた。

   弘前ねぷたまつり(青森・弘前)は開幕前日の7月31日、震災への鎮魂の思いを込めたねぷたの特別運行が中心街で繰り広げられた。

   弘前公園近くの桜大通りで行われた開会式は、黙祷と音花火による「弔砲」でスタート。ねぷた囃子の笛の演奏に続いて、津軽じょっぱり大太鼓と20団体のねぷたが土手町沿いを進んだ。沿道に霧を発生させ、ねぷたが灯籠流しのように流れていった。弘前市内に避難した被災者らも招待された。弘前ねぷたは8月7日まで。

   盛岡さんさ踊り(8月1日~4日)も31日、JR盛岡駅前で前夜祭を開いた。「ミスさんさ踊り」や市内の子供らによる踊りが披露されたほか、YOSAKOIの演舞や空手の演武などさまざまな趣向で祭り気分を盛り上げた。

   本番は、毎日18時スタート。県庁前から約1キロの区間、盛岡市中央通がメーン会場になる。最終日の4日は和太鼓同時演奏でギネス記録に認定された「世界一の太鼓パレード」も。20時ごろから一般人が飛び入り参加できる大輪踊りでフィナーレを飾る。

   青森ねぶた祭は8月2日~7日、秋田竿灯まつりは3日~6日、仙台七夕まつりは6日~8日にそれぞれ開催される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中