サッカー松田直樹選手が死去 ネットに悼む声あふれる

印刷

   日本フットボールリーグ松本山雅FC(長野県)に所属していた松田直樹選手(34)が、2011年8月4日午後、松本市内の病院で死去した。2日の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、意識不明の状態が続いていた。

   松田選手は1995年、当時の横浜マリノスに入団。16年間チームの中心選手として活躍したが、2010年シーズン終了後に横浜F・マリノスから戦力外通告を受け、2011年から松本山雅FCに移籍した。サッカー元日本代表としても知られ、2002年の日韓ワールドカップでは日本のベスト16入りに貢献した。

   訃報を受け、2ちゃんねるの松本山雅FC応援スレッドでは、「松田選手のダイナミックなプレーが好きでした」「ショックでフリーズしてるわ。前園や中田と同世代なのに」「まだ早過ぎる…」といった、悼む書き込みが目立った。ツイッターでも、「信じられない」「ただ悲しいです」「まだまだ元気にプレーしたかったろうに…」といった声があがり、サッカーファン以外も大きなショックを受けている人が多いようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中