朝日新聞の「アサヒコム」偽サイトが登場 「韓国へ慰安婦像7体を寄贈」で356万ヒット

印刷

   韓国が求めている従軍慰安婦への賠償問題に関し、朝日新聞のニュースサイト「アサヒコム(asahi.com)」が「野田総理、韓国へ慰安婦像7体を寄贈」と報じた、としてネットが騒然となった。

   ただし、このニュースは「アサヒコム」の偽サイトに掲載されたものであることがわかった。犯人は「ツイッター」で、「5時間で10万ページビュー、ユニークで5万人釣れました」などと報告した。

野田首相の韓国に対する最高の嫌がらせ?

「asahi.com」の偽サイト「news- asahi.com」にネット騒然」
「asahi.com」の偽サイト「news- asahi.com」にネット騒然」

   韓国ではこのところ「従軍慰安婦問題」が盛り上がり、2011年12月14日にはソウルの日本大使館前に、この問題の象徴として元慰安婦支援団体が少女の銅像を建てた。韓国の李明博大統領が来日し野田佳彦首相と会談をした18日にも、韓国側は慰安婦問題を取り上げた。その日、こんな記事が「アサヒコム」の偽サイト「ニュース アサヒコム(news- asahi.com)」に掲載された。

   李大統領が従軍慰安婦問題に言及したところ、野田首相は法的には決着済みとの考えを示したが、大統領は誠実に対応しない場合は第二第三の像が建つと警告。

「それを受けた野田首相は、会談後、関係各所に指示をだし、慰安婦像7体を制作し、韓国大統領官邸へ送ることを指示」

という内容だった。

   この偽サイトは「アサヒコム」と見分けがつかないほどそっくりに作られていたため信じる人が続出。記事は「ツイッター」で拡散され

「まるで恫喝に屈したかのようではないか」
「売国奴にも程があるわ。こいつにブロンズ被せて韓国に送りつけてやれ」

などというカキコミがネット上に大量に出て騒然となった。また

「最高の嫌がらせじゃないかw野田にしてはなかなかやるなw」

という意見も出た。

   ただし、いくら「アサヒコム」にそっくりに作られていても、他の記事を読むためクリックすることで読者を騙す「釣りサイト」であることがすぐに判明し、サイトを作った人物も特定された。

朝日新聞は「必要な対応を検討」と回答

   「newsasahicom」と名乗るこの人物は、18日深夜に

「いたずら終了しますー。ご迷惑おかけしました」

と自身の「ツイッター」上で謝罪し該当のサイトを削除した。朝日新聞の「ツイッター」にも謝罪文を送ったと書いている。

   この人物の説明によれば、掲示板「2ちゃんねる」に話題を提供して「遊ぶ」つもりでサイトを作ったところ、予想を遥に上回る速度で情報が拡散。サイトを開設してから約5時間で5万人が訪れ10万回閲覧され、この話題をグーグルで検索すると約 356万件ヒットするまでになってしまったという。

   この人物は「ツイッター」のフォロアーから、偽サイトを作れば著作権法違反で逮捕される、と指摘されると

「過去は変えられませんので、必要とあらば期待にみちた未来を差し出す気持ちでございます」

と観念している様子だった。

   朝日新聞はJ-CASTニュースに対し、今回の偽サイト事件について

「事実関係を現在調査しており、必要な対応を検討します」

と回答している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中