橋下大阪市長ウォッチ
大阪都構想の法整備進めば、国政進出の必要は「ないと思う」

印刷

   橋下徹大阪市長は、大阪都構想に向け法整備が国会で進むのなら、自身が代表を務める地域政党、大阪維新の会が国政に進出する必要は「ないと思う」と述べた。

   2012年3月12日、記者団に答えた。国会では、各党が都構想を実現できるよう関連法案の提出を検討・実施している。一方、維新の会が募集した政治塾には「定員400人」に対し、3000人超が応募、約2260人が1次合格した。次期衆院選の候補者予備軍と受け止められており、国政進出へ前のめりとの印象も与えていた。

各党が関連法案の提出検討、提出済みも

橋下市長ら「維新の会」国政進出の行方は?
橋下市長ら「維新の会」国政進出の行方は?

   橋下市長は当初、維新の会の国政進出について「2段階」論を展開していた。(1)大阪都構想が実現するよう、法改正を国会にお願いする、(2)法改正ができなければ、国政へ進出して法改正をめざす、というものだ。

   当初は法改正に慎重な姿勢をみせた民主党幹部らも、世論調査で「橋下人気」をみせつけられ、今では各党が競うように維新の会の意に沿う形の関連法案の国会提出を検討している。みんなの党はすでに提出した。

   当初の橋下市長の説明通りならば、確かに維新の会の国政進出の必要性は薄らいでいる状況ということになる。

   一方、橋下市長は3月12日、都構想実現のめどが立つ場合に国政進出する必要が「ないと思う」と述べたことについて、機関決定した態度ではない、ともことわっており、含みを残している。

   民主党や自民党などの間では、維新の会の国政進出の準備が整う前に衆院解散・総選挙を行った方がよい、との見方が広がっている。今回の橋下市長の発言は、こうした解散をめぐる空気に影響を与える可能性もある。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中