つんくの才能涸れてなかった? 楽曲発売2か月で「秘密の仕掛け」判明

2012/4/16 18:58

   ハロー!プロジェクトのプロデューサー、つんく氏が楽曲の中に入れた「仕掛け」がネット上で話題だ。2つのグループの全然別の楽曲を同時再生すると1つの曲になる、という手の込んだもので、「つんくの才能は涸れていなかった」といった声が挙がっている。

   秘密の細工が仕込まれていたのは、ハロプロの姉妹グループ、Berryz工房と℃-ute(キュート)の楽曲。両グループともそれぞれ、2月中ごろに最新アルバムをリリースしていた。

多くのファンは2曲の関連性も意識していなかった

ネタばらしはもっと先の予定だった?
ネタばらしはもっと先の予定だった?

   Berryz工房のアルバム「愛のアルバム8」に収録されている「Because happiness」はシンセサウンドを強調した、ユーロビート系の明るいナンバーだ。テンポもかなり速く、夏焼雅さん(19)らメンバーも元気に歌っている。

   一方、℃-uteのアルバム「第七章 美しくってごめんね」収録の「幸せの途中」は、ピアノ伴奏による、スロウなバラード。矢島舞美さん(20)、鈴木愛理さん(18)の伸びやかな歌声が印象的だ。

   どちらも作詞作曲つんく氏、編曲もこれまでハロプロ楽曲をたくさん手がけてきた大久保薫氏によるものだ。

   アルバム発売時に、つんく氏がオフィシャルサイトで、両曲についてそれぞれ「実はこの曲にはトリックが仕掛けてあるんです」「この曲には実は隠された秘密があるんです」というコメントを寄せていたが、2か月経っても謎のまま。テンポも違うし、全く別の曲調なので、多くのファンは2曲の関連性も意識していなかった。

   しかし、4月15日、2ちゃんねるに「つんくが言ってたベリキュー(Berryz工房と℃-uteのこと)のアルバム曲に隠されていたちょっとした仕掛けが判明したよ」というスレッドが登場。2曲を同時再生して一緒にした音源がYouTubeにアップされた。

(続く)

おすすめワード

今旬ワード

スポンサードリンク

がんばろう日本
がんばろう日本
がんばろう日本 詳しくはこちら

他の言語

注目情報

美味しい鍋を囲んで成功企業の事例を見る・・・なんだかおもしろそう!

ピックアップ'

ミニッツで行く、1万年を超える復元の旅

不思議と驚きに満ちた聖書の世界。今、行けます。考古学者がガイドします。

ミニッツシンキング

想像してみて下さい、景色の良いゴルフコースで、自分と息子と孫で楽しんでいる姿を・・・

アルフレッド・バニスターのモード靴なども大幅プライスダウン。

おすすめワード

【スポンサードリンク】

関連サイト

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット
このページのトップへ