ロンドン五輪でSNS禁止か 公式スポンサー保護目的

印刷

   2012年7月27日に開幕するロンドン五輪では、観客はもちろん選手も、会場内や周辺でSNSの使用を禁じられるだろう――英ガーディアン紙電子版が4月13日、このような記事を掲載した。

   例えばファンは、動画サイト「ユーチューブ」に当日の競技のダイジェスト動画を投稿したり、選手村の様子を撮影した写真を交流サイト「フェイスブック」に公開したりすることは許されない模様だ。一方選手も、朝食のシリアルの商品名をツイッターでつぶやいたり、選手村の部屋を動画で撮って流したりすることを制限されるとしている。これは、五輪の公式スポンサーのブランドや放映権の保護が目的で、「ブランド監視員」がスポンサー以外の商品や社名が流れるのを防ごうと見張りを行うそうだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中