オリンパス粉飾決算、監査法人の6割「見抜くのは難しい」 日経が調査

印刷

   オリンパスの粉飾決算について、監査法人の6割超が事件を「見抜くのは難しい」、「見抜いても対応が難しい」と答えていることがわかった。日本経済新聞が全国の主な監査法人を対象にアンケートを実施し、2012年4月25日付で報じた。

   オリンパスの粉飾決算事件では、あずさ監査法人と新日本監査法人が監査担当だったが、ともに粉飾を見抜けなかった。アンケートでは同様のケースがあった場合の対応を聞いたところ、37%が「見抜いても対応が難しい」、24%が「見抜くのが難しい」と答えた。「発見、対応できる」との答えは17%だった。

   不祥事をめぐり監査法人の責任を問う声があるが「捜査権はなく一定の限界がある」「世間の期待と監査人が果たす役割にギャップがある」との指摘があったという。

   なお、調査は4月上旬までに全国の監査法人を対象に実施し、46の監査法人から回答を得た。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中