ツイッターのパスワード流出「外部サイト」からか

印刷

   ツイッターの利用者のパスワードなどが大量に流出したとされる問題で、運営元のツイッター社は2012年5月10日、公式ブログで検証結果を公表した。

   問題となったのは、ツイッターのユーザー名やパスワード、メールアドレスとされる情報約5万5000件がインターネット上に投稿された件。ツイッター社によると、社内調査を実施した結果ツイッター本体からはこれらの情報は流出していないことが判明したという。このため、ネット上に投稿されたものは外部のサイトから漏えいした可能性があるした。

   ツイッター社では、ログインする際にそのサイトが安全なものかを確認し、同じパスワードを複数のサービスに使ったりするのを避け、パスワードそのものも安全性の高いものにするよう利用者に呼び掛けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中