ヤマダが太陽光発電事業に参入 300か店にパネル設置

印刷

   家電量販最大手のヤマダ電機が約200億~300億円を投じて、太陽光発電事業に参入する。2013年3月までに、全国約700の直営店のうち、国内約300か店の屋上に太陽光パネルを設置する計画。

   日照量や店舗規模をもとに太陽光パネルを設置する店舗を選定。売り場面積3000~5000平方メートルの郊外型店中心に1店あたり約250キロワットの出力が可能な発電装置を導入する。

   7月に始まる再生可能エネルギーの全量買い取り制度を利用し、年30億円程度の売電による収入を見込む。一部店舗ではすでに太陽光パネルの取り付けを始めており、7月から順次稼働させる。

   ヤマダ電機の年間発電量は最大約7900万キロワット時となる。電力会社の買い取り価格が1キロワット時あたり42円になる予定なので、全量を売電した場合の収入は年間約33億円になる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中