ベイスターズ負けると「ご飯抜き」で餓死寸前 ウェブ漫画「ベイスたん」大人気

印刷

   4年連続最下位からの脱出を目指す横浜DeNAベイスターズをネタにした漫画「ベイスたん」が話題だ。ベイスターズが試合に負けるとご飯をもらえないブログペット「ベイスたん」が主人公で、ツイッターも大人気となっている。

   スポーツ情報サイト「スポーツナビ」上の漫画「週刊キヨシくん」枠で連載されているもので、作者は漫画家・イラストレーターのカネシゲタカシさん。2012年4月14日にスタートした。

試合に負け続け頬がやつれる

ツイッターも大人気。
ツイッターも大人気。

   ベイスたんは、ベイスターズが大好きな星形のキャラクター。サイト内で飼われている「ブログペット」という設定でベイスターズが試合に勝利すると勝ち星を食べて育つ。負けるとご飯は抜きだ。初回は13日の試合でベイスターズが巨人に6対0で負けてしまったため何も食べられず、「ぐうー」とお腹を鳴らしている。

   その後、時折勝利して勝ち星を食べるものの、余りの負けの多さのためベイスたんも空腹で倒れてしまう。5月初旬には作者も不憫に思ったのか、「引き分けは『勝ちに等しい価値』(←ダジャレ)」ということで、ベイスターズが引き分けると横浜名物、崎陽軒のシュウマイ2個が与えられるというルールを追加。ホームラン1本につきシュウマイ1個もらえるという設定も加えられた。

   5月16日から「日本生命セ・パ交流戦」が始まると、これまでのルールに加えて、同日に行われた試合でセ・リーグのチームがパ・リーグに勝ち越すと、勝ち星が1つもらえるというルールも追加される。しかし、それでもベイスたんは食いっぱぐれて頬がやつれてしまう。いかにしてベイスたんがご飯にありつくか、というのが見所のようだ。

3日間で1万2000人にフォローされる

   これがネットで話題になり、2ちゃんねるには、「【悲報】ベイスたん、早くも餓死寸前」というスレッドが登場。「死んでまう……」「一週間絶食しても大丈夫ぐらいのキャラクター設定にしてあげないといかんでしょ」「俺もベイスたん見習って、負けた翌日の昼食絶食するわ」といった書き込みが寄せられた。

   18日には、ベイスたんのツイッターアカウントも登場した。20日のロッテ戦でベイスターズの筒香嘉智選手がホームランを放つと、「ベイスたん、つつごうせんしゅ、しんじてたやよーーー!!1点やよ!うわぁーーーい!」と大喜び。試合も6対1でベイスターズが勝利し、フォロワーからは「やったね!ベイスたん」といったリプライが寄せられた。開設して3日で約1万2000人にフォローされる大人気となっている。

   5月21日現在、ベイスターズは11勝23敗4分。22日には札幌ドームで日本ハムファイターズと戦う。ベイスたんは果たして勝ち星をもらえるのか。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中