「ギャートルズ肉」のエスケー食品、民事再生法適用申請

印刷

   民間調査機関の帝国データバンクの大型倒産速報によると、エビフライ、天ぷらなどの冷凍食品を製造販売するエスケー食品(兵庫・神戸市)が2012年5月25日に神戸地裁へ民事再生法の適用を申請し、保全命令を受けた。

   エスケー食品は1973年4月に設立し、冷凍食品の製造販売業者として200種類もの商品構成で、飲食店など業務用、スーパーなどに販売し、98年12月期には年売上高約64億7200万円を計上していた。

   その後も堅調に推移していたが、多額の借入金を抱えていたほか、原材料であるエビの価格高騰で仕入れ代金が増加、為替差損もあり資金繰りが悪化した。

   エスケー食品は2008年にアニメ「はじめ人間ギャートルズ」に登場するような形の「ギャートルズ肉」を発売し、話題となった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中