「17km先 通行止」 大学生が抱いた原発事故の「臨場感」【福島・いわき発】

印刷

   いわき市内の国道6号――。東京から先生と一緒にやって来た大学生6人が、二つの点で事故を起こした原発に対する"臨場感"を抱いたようだ。一つは、南の東京からの距離数。もう一つは、そこから北の双葉郡楢葉町までの距離数。四倉町・コメリあたりでの話だ。


news_p135018_1.JPG

   まず一つ。起点である東京・日本橋からの距離が、事細かに歩道わき、車・歩道の境などに表示されている。四倉あたりは210キロメートル+いくらか。二つめは電光表示。キロメートルポストから100メートルも離れていない場所にある。北は楢葉町のJヴィレッジあたりだろう、「17km先/楢葉町以北/通行止」(=写真)とあった。


   事故を起こした福島第一原発から20キロ圏内は警戒区域、その境界線が四倉のそこから17キロ先だ、つまり、今自分たちが立っているところは問題の原発から37キロの地点、と知ったわけだ。


   原発まで近い――。が、「壊された世界」で日常を送る人間には、福島第一原発から37キロ(四倉)も、250キロ弱(東京)もそう変わらないように映る。


   250キロ離れているから安全だ――そんな意識が過酷事故への認識の甘さ、鈍感さにつながっていないだろうか。いや、もしかしたらそれが過酷事故を引き起こした原因ではないのか。そんな思いさえ抱く。


   大学生は国際地域学科の3年生だ。津波被災・原発避難――現地を見て、被災者・避難者から話を聴いた。それで十分感じるものがあるだろう、受け止めきれないものもあるだろう。が、それが現実だ。


   案内人の私もまた、原発からの距離を再確認し、被災者・避難者の言葉に触れて認識を新たにした。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中