山本太郎の妻、海外への移住検討を明かす

印刷

   2012年5月29日に俳優の山本太郎さん(37)と結婚したプロサーファーの女性(19)が、原発の影響などを考慮して海外への移住を検討していることを6月12日のブログで明かした。

「日本を捨てて逃げるなんて。。。すごく抵抗があった」

   実家の両親にこれからのことを伝えるために、女性は夫と2人で岡山を訪れ、「福島4号機のことや、大阪に瓦礫が入ることなどから海外に移住しようというお話になっていて移住先の国も決まっていて、具体的にお話が進んでいる」という。

   19歳という年齢で入籍した理由も海外移住に関係しており、「永住権を取るのに家族で取ったほうが取りやすいからいずれ結婚するのなら早く籍だけでも入れようってそんな訳で、結婚の時期を前倒しにしたんですよ」と説明している。

   海外移住について、「福島で苦しんでいる人や震災の復興もあるし私達だけが日本を捨てて逃げるなんて。。。すごく抵抗があった」というが、「日本はどうなりかわからないからって。。。。」と決意したようだ。記事は6月12日に更新されたがブログごと削除され、同日19時現在キャッシュでしか閲覧できない状態になっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中