生活保護騒動の影響で河本準一ピンチ 「すべらない話」からも消え、テレビ出演大幅減

印刷

   母親の生活保護受給が問題となったお笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんが、仕事がなくなるピンチを迎えている。

   テレビ番組の出演時間は大幅に減り、ほぼレギュラーの扱いだった「人志松本のすべらない話」からもついに名前が消えた。お笑い芸人としての未来はどうなるのだろうか。

2004年の初回放送から出演

   フジテレビ系の人気番組「人志松本のすべらない話」第22弾が、2012年6月23日に放送される。この出演者の中に河本さんの名前がないのだ。

   河本さんは2004年の初回放送から出演している。全ての回に出演している松本人志さん、千原ジュニアさん、宮川大輔さんに次ぐ21回中17回という出演回数だ。08年の第14弾からは欠かさず出演している。さらにスピンオフ企画として09年2月には「準一河本のすべらない話」が放送された。12年6月16日には「大輔宮川と準一河本のすべらない話」で、23日の「すべらない話」に出演する若手芸人をオーディションする企画を放送したばかりだ。河本さんは「すべらない話」の中心メンバーの1人といえる。

   出演者を選ぶ企画を放送したばかりなのに、河本さんが本放送に出演しないというのはやはり生活保護受給問題の影響を踏まえての決定なのだろうか。フジテレビ広報部に問い合わせたところ、「河本さんが出演しないことは決定しているが、キャスティングについては答えられない」とのことだった。

月間テレビ出演時間が20時間超から8時間弱に

   「すべらない話」だけではない。河本さんのテレビ出演時間は12年4月から5月にかけて激減している。

   テレビ番組表に掲載された出演者データをもとに人物ごとの出演時間などを記録しているサイト「テレビ出演ランキング」によると、4月には20時間を超えていた月間テレビ総出演時間が、5月には7時間41分に落ち込んでいる。ここまで出演時間が少ないのは10年11月以来で、生活保護受給問題の影響は間違いないところだろう。

   このまま河本さんはテレビから姿を消してしまうのだろうか。芸能評論家の肥留間正明さんは「すべらない話」に出演しないのは間違いなく生活保護受給問題の影響だろうと指摘するが、「一時的に出演を見合わせているだけではないか」という。まだ騒動が起きて日が浅いため「自主規制」しているが、もう1か月ほどすれば事務所の力でまた出演する番組が増えてくるのでは、と推測した。ただし保護費を返金するなどしっかりけじめを付けてからテレビに出てほしい、とした上で、「今後は受給問題を笑いに変えてやっていくしかないだろう」と見ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中