「新党結成の動きにも影響」? 読売が小沢氏妻「離縁状」報じる

印刷

   読売新聞は2012年6月23日朝刊で、民主党の小沢一郎元代表の妻(67)が支援者にあてて出したとされる手紙の内容を報じた。手紙は、小沢氏が「放射能が怖くて秘書と一緒に逃げ出しました」(小沢事務所は否定)などと指摘する内容で、本当であれば、政治家としての資質にもかかわる内容だ。

   記事では手紙について、

「手紙は今月中旬に週刊誌が報じ、民主党所属議員などの間にも出回っている。小沢氏の言動に不信感を抱く議員も出ており、小沢氏が目指す新党結成の動きにも影響を与えそうだ」

と説明している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中