JAL植木社長、法人税優遇「不公平」批判に「当惑している」

印刷

   日本航空(JAL)の植木義晴社長は2012年6月26日の定例会見で、全日空(ANA)から「公的支援を受けての業績回復で競争環境がゆがめられている」などと批判が出ていることについて、

「2年半、社員は必死の努力をし、自らの身を削り、そして努力の結果がある。利益のみとらえて、不公平・不公正とは当惑している」

と反論した。具体的には、繰越欠損金で利益相殺することで法人税の減免措置を受けていることについて、

「多くの企業の70%以上が繰越欠損金控除を適用している中で、JALだけ不公平と主張されても、正直理解できない」

と述べた。6月20日に東京証券取引所に再上場の申請をしたことについては、

「さまざまな支援をいただいたことについて感謝をしているし、決して忘れるものではない」

と話した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中