オーストリアが教科書に「東海」 ネットで反発、なぜか「オージービーフの不買運動」

印刷

   オーストリアの小中高校の地理教科書に載っている「日本海」の記載に、韓国が主張する「東海」が併記されることがわかった、と共同通信が配信したが、なぜかネットではオーストリアとオーストラリアを混同する人が続出し、「オージービーフの不買運動をしよう」などといった呼びかけが出た。

   また、スポーツ紙がネットで配信したニュースの見出しもオーストリアではなく「豪」となっていたため、混乱が広がった。

「日本海」は日本帝国時代からの負の遺産?

   共同通信が2012年6月27日に配信した記事によれば、今年9月からオーストリアの小中高の地理教科書の「日本海」の記載に「東海」が併記される。オーストリア科学アカデミーが今年3月に、ドイツ語圏のメディアが東海を併記する例が増えているため併記を「推奨する」と方針を出したが、それが実現した。既に印刷も始まっている、と伝えている。

   韓国は、日本海という間違った名前は日本帝国主義時代から使われ誤って広がってしまったものという「独自理論」を主張。韓国では「東海」と呼んでいて、ユーラシア大陸の東に位置する海という意味でも「東海」を国際標準の名称にするべきだと1990年初頭から訴えてきた。

   日本の外務省はこうした動きに対し、日本海は日本が鎖国を解く前から世界中で認知され、国際的に確立した唯一の呼称だとし、公式ホームページに

「我が国は、日本海の呼称に対する根拠のない主張に断固反駁するとともに、日本海の単一呼称を引き続き確保していくため、国際社会に対し、本件問題に対する正しい理解と我が国への支持を求めてきています」

と記載しているが、韓国は世界的にロビー活動を続けており、数か国の教科書に「東海」と記載されているという。

   ネットでは今回の記事について、日本海は日本海でしかありえないとし、韓国の各国に対するロビー活動を非難するとともに、今回「東海」を併記すると伝えられたオーストリアへのバッシングが始まったのだが、なぜか、オーストラリアと勘違いする人が続出して議論が混乱している。

サンスポも見出しで「豪の地理教科書」

   掲示板の「2ちゃんねる」では

「オーストラリアの連中って単純な連中多いから、騙しやすいンだろうねェ」
「オーストラリアの東にないのになんで併記する必要があんのよ」
「オージービーフの不買運動でおk?」

などといった書き込みが大量に出て、実際、ネタではなく本当に勘違いしている人が多い。オーストラリアといえば反捕鯨で日本を叩くなど、ネットでは「反日国」扱いされているため、オーストリアという文字がそう見えてしまうのかもしれない。

   同じように間違ってしまったメディアもあり、サンケイスポーツが共同通信の今回の記事を12年6月27日付の電子版で掲載したが、見出しが

「日本海に『東海』併記へ 豪の地理教科書」

となっていた。

   ネットではオーストリアに抗議するため不買運動をするべきだという主張が出たものの、「ウィーン少年合唱団」くらいしか思い浮かばないとし、この計画は頓挫している。オーストラリアについては、既に教科書に「東海」を併記しているという情報もある。

   日本の外務省に今後の対応について話を聞いてみたところ、オーストリアの教科書に「東海」が併記されることは前もってキャッチしていて、併記はしないように呼びかけてきたが、教科書の検定と発行のルートが複雑だったこともありこういう状況になってしまった、と打ち明けた。そして、今後もオーストリア側に対し、日本海を単独表記するよう強く訴えると話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中