橋下徹大阪市長、女性問題で辞任否定 「選挙で審判を受ける」

印刷

   週刊文春で女性問題が報じられたことについて、橋下徹大阪市長は2012年7月19日、記者団に対し、その責任を取って辞任することはないことを明らかにした。

   報道によると、橋下市長は、「選挙で審判を受ける。有権者の判断にお任せする」と説明した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中