韓国外相「天皇陛下が謝罪しなければならないのは間違いない」

印刷

   韓国の金星煥(キム・ソンファン)外交通商相は2012年8月21日、国会の外交通商統一委員会で、李明博大統領が天皇陛下に謝罪を求める発言をしたことについて「当然、(韓国に)来れば、謝罪すべき部分があれば謝罪しなければならないのは間違いない」と答弁した。また、李大統領の発言に関して、「日本に公式に提起したのではなく、聴衆の質問に答える過程での原則的な発言だ」と説明し、「日本が問題にするのは不当だ」と主張した。

   金外交通商相は昭和天皇の戦争責任についても、「責任は当然にある」との認識を示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中