元総書記料理人・藤本氏、北朝鮮からビザ発給されず帰国 

印刷

   北朝鮮で故・金正日(キム・ジョンイル)総書記の専属料理人を務めていた藤本健二氏が、北朝鮮側からビザの発給を拒否されていたことがわかった。

   2012年7月に金正恩(キム・ジョンウン)第1書記と面会し、再び北朝鮮を訪問するため7日に日本を出国、経由地の北京に滞在していたが、ビザが発給されなかったため、15日に帰国したという。

   NHKや朝日新聞などの報道によると、藤本氏は帰国後、羽田空港で、発給されなかった理由について、訪問日程が日本政府の指示により当初の予定から1週間ずれ込んだことに北朝鮮側が不信感を抱いたこと、日本政府からの親書を預かっていなかったこと、などを挙げた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中