救急ヘリで「命の格差」是正を 国松孝次・元警察庁長官らが強調

印刷

   9月9日の「救急の日」前後に、全国各地で救急医療に関する講演会やシンポジウムが開かれた。その1つ、東京・大崎病院の東京ハートセンターが2012年9月6日夜に開いたセミナー「突然倒れたら!知っておきたい救急医療の知識」をのぞいてみた。

   国松孝次・救急ヘリ病院ネットワーク理事長の基調講演がよかった。国松さんは警察庁長官だった17年前、狙撃され、救急医療で救われた。その医師たちがドクターヘリに力を入れていたことから、スイス大使を終えてからこの道にのめり込んだ。

   国松さんは、ポスト大震災社会の最重要課題の「安全」の、心構えと仕組みについて力説した。日本人の危機意識は「地震」「台風」の天災ばかりで、非日常と思い、過ぎれば忘れ、投資もしない。しかし、スイス人は、危機は日常的とし、安全のための投資をし、すでに国民の9割を収容する核シェルターを建設ずみだ。

   救急医療は一刻を争うが、日本は「救急車の次」がない。しかし、欧米では、ドクターヘリ網を整備している。東京では救急車で15分で患者を運べるが、北海道や九州など18道県では60分以上かかり「命の格差」が生じている。これを埋める仕組みは、医師・看護師が乗り込んでいくドクターヘリ以外にはないと強調した。

   著名人を交えたシンポジウムでは、医療ジャーナリストの伊藤隼也さんが「救急車は早く来ても適切な病院を探せず、時間を浪費している」と批判、心臓外科医の南淵明宏・東京ハートセンター長が「救急隊の知識は豊富で、よくなっている」と取りなす場面があった。突然倒れた場合は、矢作直樹・東京大教授 (救命救急科) は「意識・呼吸・循環が緊急性のポイント」、伊藤さんは「あらかじめ行きたい病院を受診し、カルテを作っておけば、救急隊がその病院に運んでくれる確率が高い」、南淵さんは「危ないと思う時は遠慮なく騒ぐべき」など具体的なアドバイスをした。

(医療ジャーナリスト・田辺功)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中