主将が「黙ってろ!」、ファンがレーザーポインター サッカー会場でトラブル続出

印刷

   サッカーJ1の試合が行われている会場でトラブルが相次いでいる。コンサドーレ札幌の主将が、野次を飛ばすサポーターに向けて「黙ってろ!」と発言して騒ぎになったほか、FC東京の試合前には、観客席からレーザーポインターが照射される事件があった。どちらもチーム公式サイトで謝罪を発表している。

選手がサポーターに「聞く耳もってよ!黙ってろ!」

   コンサドーレ札幌の試合は2012年9月22日に札幌厚別公園競技場で開催され、0-5で札幌が大宮に惨敗した。この試合で札幌は今季3度目の5連敗となり、9月29日の川崎戦で負けると、Jリーグ史上最速でJ2降格となる可能性が強まった。

   試合後に主将のMF河合竜二(36)がホームのゴール裏に行って、サポーターへメッセージを送るためコールリーダーとやりとりしていたところ、一部サポーターから試合の結果についての野次を繰り返し受けた。

   これ対して河合は「コールリーダーと話してるんだから黙ってて」と呼びかけたが、観客席からの野次が止まなかったためサポーターに「聞く耳もってよ!黙ってろ!」と発言したという。これがサポーターの怒りに火をつけ、「言い合い」のような状態になってしまった。

   コンサドーレ札幌の公式サイトでは、

「試合後の興奮状態だったとはいえ、その言葉使いにより、スタンド内の一部のお客様に不快感を与えてしまった事に対し選手本人も十分反省し、クラブとしてもお詫び申し上げます」

と謝罪のメッセージを掲載。

「今後の試合に向け、下を向かず進むというサポーターの皆様の気持ちは、河合選手のみならずチーム全体として理解しており、その思いに応えられるようしっかりと準備をして参ります」

としている。

   この騒動についてネットでは、

「河合のアレは現地にいた人は相当ひいたハズ。帰り道ものすごいイヤな気分だった。 もっと野次られても当然な試合だったのに」
「野次を飛ばすのはいいけど、金払ってんだからこっちが偉い、みたいなのは俺は嫌いだな」

などの声が出ていた。

FC東京の試合では観客席の中学生が問題行動

   同じく9月22日にはFC東京のサポーターが相手チームの観客席に向けてレーザーポインターを使用する事件も起きている。味の素スタジアムで開催された川崎フロンターレ戦で、試合前のウォーミングアップ中にFC東京の観客席からレーザーポインターが照射された。その後、中学生によるものだとわかり事情聴取を行ったという。今後は保護者とJリーグと相談して中学生の処分を決定するとしている。

   FC東京の公式サイトでは

「今回は初観戦の中学生による行為でしたが、今後場内監視および警戒の強化を含めた警備体制の見直しを図り、安全安心で快適なスタジアムを目指してまいります」

と安全面の対策を発表しており、

「川崎フロンターレファンをはじめご来場者のみなさまに対して改めてお詫び申し上げます。またレーザーで体調を崩した方は、当クラブまでご連絡ください」

と謝罪している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中