橋下大阪市長ウォッチ
元慰安婦に面会の意向「心情、苦労は承知している」

印刷

   大阪市の橋下徹市長が、いわゆる従軍慰安婦問題をめぐる1993年の「河野談話」の見直しを求めていることに関連して、市長は2012年9月25日朝の囲み取材で、元慰安婦の要請に対し「しっかり耳を傾けないといけないと思っている」とし、面会する意向を示した。

   元従軍慰安婦の女性は9月24日に大阪市役所を訪れていたが、橋下市長が登庁しない日だったため、面会できなかった。

   橋下市長は、

「僕自身が重要な発言もしているし、慰安婦の方が、『どうしても僕に言いたい』ということであれば、直接うかがおうと思っている」
「慰安婦になられた方の心情、ご苦労は当然、認識・承知しているつもり」

などと元慰安婦の女性にも理解を示しながら、

「日本国家が暴行、脅迫、拉致という形で国際社会から非難を受けるような強制連行をやったという証拠はないというところは、しっかりお伝えしながらも、慰安婦の方の意見には、しっかり耳を傾けないと思っている」

と、従来の主張を繰り返した。

朝日記者「人間としての怒りが抑えられません。ふざけんな。出て来い!」


   なお、橋下市長が休日を理由に元慰安婦の女性と面会しなかったことについては、批判的な見方もある。例えば、朝日新聞の阿久沢悦子記者は、

「金福童ハルモニが大阪市役所を訪問。市長に生き証人として、伝えたい事があると。86歳がわざわざ韓国から来たのに、橋下市長は同時刻に自宅でツイッター三昧。記者を外れるけど、人間としての怒りが抑えられません。ふざけんな。出て来い!」

とツイート。同記者は、橋下市長が面会しなかった経緯について、

「1週間前からアポいれしようとしていたのに、公務多忙で時間がないと秘書課が断っていた。なのに、同じ時間にツイッターとはねえ。秘書課もかわいそう。トンデモ上司で」

と明かしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中