「日本も福島の犠牲者も揶揄していない」 「福島の影響」仏司会者は発言修正せず

印刷

   「日本も、福島の犠牲者も揶揄したことは決してない」――バラエティー番組でサッカーのGK川島永嗣選手の腕が4本に合成された写真を「福島の影響」と揶揄した件をめぐり、この発言をしたフランス人の司会者ローラン・リュキエ氏が2012年10月17日(現地時間)、ツイッターでコメントした。

原発も、ポリティカリーコレクト(言葉狩り)もやめに

   日本在住のフランス人女性のものと見られるアカウントから、今回の件で「日本に住むフランス人であることを恥ずかしく思う」とコメントを寄せられたことを受け、リュキエ氏は「恥ずかしく思う必要なんてない。ユーモアがまだ表現の自由とされる国の出身であることを誇りにしようじゃないか」と返信。つづけて、「日本、ましてや福島の犠牲者を揶揄したことは決してない」「ゴールキーパーがチェルノブイリの近くのウクライナ人でも、フッセンハイム(原子力発電所)の近くのフランス人でも、同じ冗談を言っただろう」と語り、発言は原発を問題視したもので、「日本」や「福島」だけをことさら取り上げて揶揄したわけではないと強調した。そして、「この場にふさわしくない論争をやめるためにも、全ての原発も、ポリティカリーコレクト(言葉狩り)もやめにしよう」などと呼びかけた。

   リュキエ氏は「毒舌」の芸風で知られ、13日に、国営放送「France2」の番組「On n'est pas couche´」で、12日のサッカー日仏戦でフランス戦が敗れたことについてコメントする際に、画面に表示された日本代表GK川島選手の腕が4本に合成された写真を、「日本にはすごい守護神がいた」と前置きしながら「福島の影響」と表現。これについて、日本政府は在仏日本大使館を通じてテレビ局に抗議し、テレビ局のジャン・レベイヨン社長は16日、謝罪文書を日本側に通達していた。また、パリ滞在中だった玄葉外務大臣も17日(日本時間)、フランスのファビウス外相から非公式に謝罪を受けたと明かした。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中