「風物詩模型」「カワイの鉄道模型」の河合商会、自己破産申請へ

印刷

   模型の卸・輸出入などを行う河合商会(東京・足立区)が2012年10月15日付で事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。今後自己破産を申請する予定。10月17日に帝国データバンクなどが発表した。

   河合商会は1972年に創業し、プラモデル、鉄道模型、ジオラマ、ミニカーなどの販売を手がけていた。情景モデルパーツに民家や駅舎を配した風景模型の「箱庭シリーズ」や芝居小屋、屋台などの「風物詩シリーズ」などのプラスチック模型のほか、鉄道模型は鉄道ファンの間で「カワイの鉄道模型シリーズ」として親しまれるなど、一定の知名度があった。

   03年8月期には年売上高約9億円をあげていたが、リーマン・ショック後の世界的不況でアジア向けの販売が減少。その後も東日本大震災による消費自粛ムードの高まり、円高による輸出採算の悪化などがあり、11年8月期の年売上高は約2億5000万円まで落ち込んでいた。

   負債は1億円前後と推定されるが、現在調査中だという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中