表紙が「美乳」、「すげえ買いづらい」 「an・an」のガンダム特集にファン困惑

印刷

   「美乳」を特集した女性週刊誌「an・an」(マガジンハウス)2012年10月31日号がネットで話題になっている。表紙で仲里依紗さんが大胆に美乳を披露する左隅に、「働く女子のガンダム 恋する女子のマクロス」という見出しが踊っているのだ。

   美乳とガンダム、例を見ない取り合わせにネットの一部では困惑が広がっている。

「働く女子のガンダム、恋する女子のマクロス」

美乳とガンダムの意外な関係
美乳とガンダムの意外な関係

   「an・an」は、これまでも毎年恒例の「セックス特集」など、女性向けファッション誌としては珍しい生々しい記事で人気を博してきた。今週号も表紙では仲里依紗さんが、大胆に巨乳の谷間を披露している。コンビニに並べられれば、成人コーナーと間違えたのかと思うほどだ。内容も「美乳にはキレイな乳首があってこそ」と乳首の写真がバンバン載っていて、表紙・特集内容ともに非常に「an・an」らしいといって良い。

   驚きなのはそんな「an・an」に同時に、男性向けリアルロボットアニメの二大金字塔「ガンダム」と「マクロス」が取り上げられたということだ。

   「働く女子のガンダム、恋する女子のマクロス」と銘打ったコーナーで、7ページを割いている。それぞれ、「組織で戦うことの意味」「恋愛の三角関係で男子が最後に選ぶ女子とは?」という大命題を表現しているこの2作品から、アラサー女子の2大テーマ「働くこと」「恋すること」について学べるという。

   内容は、組織の中にいる人物を「機動戦士ガンダム」の主要キャラクターに当てはめて付き合い方を伝授したり、三角関係を制するためのヒントを、「超時空要塞マクロス」「マクロスF」のキャラクターを通じて考えたりといったものだ。

   主人公と人気を二分するヒール「シャア・アズナブル」を社内恋愛の危険人物として取り上げ「シャアって実はとんでもないダメ男」と断じてみせたり、地味目な女性キャラクター「ミライ・ヤシマ」が作中で一番モテていることに注目し、「職場モテ力研究」のメインにすえてみたり、とアラサー女性ならではの視点が光る。アニメ専門誌ではあまり見られない切り口の分析かもしれない。

「手に取りづらいヲタの肩身の狭いことwww」

   しかしながら、この「an・an」の表紙や中吊りを見たネットユーザーの間には困惑が広がった。そもそも美乳とガンダムに何の関係があるのか、「an・an」を読む女子はガンダムを見るのかといった疑問が飛び交い、ガンダムの胸部の厚い装甲を指して「ガンダムは美乳だから間違ってない」という意見も出た。

   なかでも多いのは、買いたいけれども表紙がエロチックなので買いづらいという意見だ。

「働く女子のガンダム、恋する女子のマクロスって煽りが気になるからanan読みたいけどそういう時の特集が美乳特集。いや、構わないけど構うよね(笑)手に取りづらいヲタの肩身の狭いことwww」
「ananにガンダムとマクロス特集があると聞いて買おうとしたらものすげえ買いづらい特集がメインで組まれてた。買ったけどさ」

と感想が交わされ

「ananの美乳特集は、『働く女子のガンダム、恋する女子のマクロス』を男性に立ち読みさせないための予防線か?」

といった憶測も出た。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中