クリスマスの羽田空港で突然「第九」演奏 160人が「フラッシュモブ」

印刷

   クリスマスイブの2012年12月24日、事前の予告抜きで歌や演奏を突然披露する「フラッシュモブ」のパフォーマンスが羽田空港で行われ、出発前の旅行者を驚かせた。

   12時半頃、国内線第1ターミナルのイベント広場に楽器を持った私服姿の集団が三々五々集合。最後はオーケストラや合唱団合わせて160人が一体になってベートーベンの交響曲「第九番」を披露した。

NPO法人「国境なき子どもたち」が企画

オーケストラと合唱団160人が突然羽田空港に出現、旅行客を驚かせた。写真左奥が指揮者、手前がハンドベル楽団「ベルスター」
オーケストラと合唱団160人が突然羽田空港に出現、旅行客を驚かせた。写真左奥が指揮者、手前がハンドベル楽団「ベルスター」

   イベントは、東日本大震災の被災地に楽器を贈る支援活動をしているNPO法人「国境なき子どもたち」が企画。大日本印刷の社員などでつくる「DNPフィルハーモニック・アンサンブル」や、日本航空(JAL)の客室乗務員(CA)で毎年結成されるハンドベル楽団「ベルスター」などが出演した。11月初旬から週1回、天王洲アイルのJAL本社に集まって練習を続けてきたという。

   羽田空港でフラッシュモブが行われるのは初めてで、航空会社のスタッフがフラッシュモブを行うのは、エールフランスやキャセイパシフィック航空など世界でも数例しか知られていない。

   フラッシュモブの後は、「ベルスター」がクリスマス恒例の演奏を披露した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中