「逃走中」でミッションに参加せず、隠れ続けたノブコブ徳井 「見ていて不愉快」とブログ炎上

印刷

   2013年1月6日放送のバラエティ番組「逃走中2013~アルティメット~(フジテレビ系)」に出演したお笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の徳井健太さん(32)のブログが炎上している。

   徳井さんは番組内の「ミッション」に参加せず、「名誉と金どっちが大切なのか。僕は金を取ろうかなと思っています」と発言。スタートからじっと隠れていたため、視聴者から番組を盛り下げたと批判が殺到した。

擁護する声も、ツイッターでさらに炎上

   「逃走中」は出演者が追いかけてくる「ハンター」から制限時間内、逃げきれば賞金が獲得できる、鬼ごっこのような番組だ。

   徳井さんが参加しなかった「ミッション」とは、出演者が協力してミニゲームに挑戦し、クリアすればハンターの数が減るというもの。ミッションに参加するとハンターに見つかってしまう可能性はあるが、多くの出演者がミッションに挑戦していた。

   しかし徳井さんはスタートから一歩も動かずに物陰に隠れつづけ、ミッションには一切参加しなかった。その際に「ミッションやんなきゃいけないみたいになってますけど違いますからね。賞金稼ぐやつですから」「(ミッションを)やらない人を非難する権利はない」などと発言。

   番組を盛り下げたとして放送後に、

「見ていて不愉快 逃走中でてほしくない」
「あんた最低ー ミッションやれよー」
「お前ほんとに芸人かよ」

などの批判が徳井さんのブログのコメント欄に寄せられた。

   番組のナレーションでは「(ミッションに)行くか、行かないかは逃走者の自由」「ミッションに参加しないことも戦略の1つ」という説明もあり、「こういうやつがいたほうが面白い。何よりルール上問題ない」と批判が的外れだという意見もネットにはある。

   しかし徳井さんが自身のツイッターで、

   「視聴者からみて面白くないことやるなよ」「好感度落ちたね。相方が可哀想」などの批判に対して、「本当にねー」「だよねー」と1つ1つ返信していることが、バカにしているのかとさらに批判を集め、延焼させている。

   「逃走中」は以前、ドランクドラゴンの鈴木拓が出演した際に、途中で棄権して賞金を獲得したためツイッターに批判が殺到。アカウントの削除に追い込まれた。

   またネットには「TV局があえてこーいうキャラ作ってるんでしょ」「演出だよ演出」と冷めた見方もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中