アフリカから一時撤退、出張禁止 日揮やパナソニックなど

印刷

   北アフリカのアルジェリアで起こった人質事件を受けて、進出企業が対応に追われている。

   日本人駐在員などが人質事件で死亡した日揮は、事件現場とは別のアルジェリア内のプラント建設現場2か所から関係者の一時退避を始めたと、2013年1月22日に明らかにした。安全確保のための措置で、警護などをより強化するなど再開できる時期を判断するまで、2か所の建設工事も中断する。同国での事業は継続する意向を示している。

   一方、パナソニックは人質事件が起こったアルジェリアのほか、マリ、コートジボワール、リビア、ニジェールの5か国への出張を当面禁止した。日本人従業員はタンザニアに駐在する2人だけだが、退避はしていない。同社はチュニジアと南アフリカに蛍光灯の販売拠点と、タンザニアに乾電池工場をもつ。

   アルジェリア政府が発注した高速道路の建設工事を、大成建設や西松建設などとの共同企業体(JV)で受注しているゼネコン大手の鹿島は、アルジェリアへの出張を当面取りやめ、現地社員に夜間外出を控えるよう指示している。

   商社では、双日がアルジェリアやマリへの出張を禁止。丸紅はアルジェリアの国境近くや、リビア、マリなど周辺国への渡航を禁止している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中