愛知沖上空で放射性キセノン検出 北朝鮮核実験との関係不明

印刷

   文部科学省は2013年2月21日、防衛省の航空機が13日に愛知沖上空300メートルで、微量(1立方メートルあたり1.9ミリベクレル)の放射性キセノンを検出したと発表した。12日、北朝鮮が核実験を行ったことを受けて調査したもの。ただし数値自体は2009年1月に千葉県沖で検出された最大値(同6.7ミリベクレル)を下回るレベルで、文科省では北朝鮮の核実験との因果関係については「わからない」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中