12年のリチウムイオン電池、サムスン初の首位 パナソニック転落

印刷

   パソコンや携帯電話などに使う小型リチウムイオン電池の2012年の世界出荷シェアで、韓国のサムスンSDIがパナソニックを上回り、初めて年間首位になった。調査会社のテクノ・システム・リサーチが2013年2月27日に発表した。

   拡大するスマートフォンやタブレット端末向けの需要を取り込んだことに加えて、12年夏までのウォン安で価格競争力を強めたことも大きかった。

   12年のリチウムイオン電池市場は、出荷ベースで43億8010万セル(「セル」は電池の最小単位)。メーカー別出荷シェアでは、サムスンSDIが前年比1.9ポイント上昇の25.1%で、前年首位のパナソニックは2.8ポイント低下の20.7%で2位となった。

   韓国のLG化学は0.2ポイント低下の16.0%で前年に続き3位、ソニーも0.8ポイント低下して7.7%となったが、順位は4位と変わらなかった。5位は香港のATLが5.7%で続いた。

   テクノ・システム・リサーチは、「日本勢は12年も厳しい状況が続いた。韓国メーカーだけでなく、中国メーカーも着々とシェアを高めて影響力を強めてきている」と指摘している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中