慶大生、急性アル中で死亡

印刷

   慶應義塾大学は2013年2月5日、同大所属の男子学生が急性アルコール中毒で死亡したと発表した。所属する公認学生団体の学外での懇親会の翌朝、緊急搬送され、死亡したという。

   団体らに事情をきくなどしたところ、参加者はすべて成人で、飲酒の強要やお互いを煽り立てるような飲酒、イッキ飲みなどは認められなかったとしている。現在、団体は活動を自粛中という。

   大学生の飲酒については、文部科学省が12年5月に初めて飲酒強要の防止などを求める通達を出したが、その後も急性アルコール中毒による死亡事故が相次いでいる。慶大では12年6月にも学生が死亡、8月には東大も死亡者を出し、市民団体イッキ飲み防止連絡協議会のまとめによると、12年で未成年含め計5人の大学生が亡くなっていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中