安倍首相、FBで毎日新聞を皮肉る 「印象操作」「トホホな記事」(笑)

印刷

   安倍晋三首相のフェイスブックが「絶好調」だ。毎日新聞に載った自らへの批判記事を「トホホな記事」「印象操作」「(笑)」などと思い切り皮肉った。今までの首相にはなかったストレートな物言いと軽妙な文体が、ネット界隈のファンに大うけだ。

   ターゲットになったのは、毎日新聞の2013年3月13日朝刊だ。同紙は「首相『東京裁判は勝者の断罪』 米から批判の可能性」との見出しで、首相の歴史認識をめぐる発言への批判記事を掲載していた。

「東京裁判、勝者の裁き」発言に「米から批判も」

毎日新聞を批判した安倍首相のフェイスブック投稿。2万回以上の「いいね!」が付いている
毎日新聞を批判した安倍首相のフェイスブック投稿。2万回以上の「いいね!」が付いている

   安倍首相は12日の衆院予算委員会で、

「先の大戦においての総括というのは、日本人自身の手によることではなくて、東京裁判という、言わば連合国側が勝者の判断によって、その断罪がなされたということなんだろうと思う」

と答弁、第2次世界大戦後の「東京裁判」が、いわゆる「勝者の裁き」との歴史観を示した。

   翌日の毎日新聞はこの発言を、渋面を作った安倍首相の写真付きで取り上げた。記事中では「米国内」で安倍首相の歴史認識に「懸念の声がある」ことを紹介した上で、

「今回の東京裁判に関する発言が日米関係に影響する可能性もある」

と批判的に紹介した。

   この「米から批判の可能性」というところが、首相にはカチンと来たようだ。さっそく14日、フェイスブック上には痛烈な反論文が掲載された。その内容は、

「記事を読むと、私の発言そのものに対する評論をするわけではなく『これだと連合国側(とくに米国)が怒るかもしれない』という何ともトホホな記事内容です。掲載の写真は我が顔ながらムズカシイ顔をしています(これも印象操作でしょうか)
かつては『その発言には、中国が怒るかも知れない!』と言って中国大使館への告げ口が流行ってましたが・・今度はアメリカですか(笑)」

といったもので、毎日の記事を「トホホな」内容と一刀両断、米国の名を借りての批判を、「告げ口」と皮肉ってみせた。

これまでにも「\(^o^)/」など顔文字活用

   安倍首相は以前からフェイスブックを積極的に活用しており、マスコミ批判もこれが初めてではない。野党時代の12年11月には「朝ズバッ!」(TBS系)の放送内容に抗議し、TBSからの謝罪を引き出した。今回の毎日批判にも15日午後までに2万回以上の「いいね!」がつき、「反日のマスメディアは解体するべき!」などと息巻くコメントが1700件以上集まっている。

   安倍首相のFBは無署名のときと、「秘書」名義のときがあり、無署名のときは本人が書いていると受け止められている。今回は署名がなく、首相本人の投稿と考えられるが、2ちゃんねるなどでは、「(笑)」まで使った軽いタッチの文章に改めて驚く人も多い。確かに安倍首相の文体は、前任の野田佳彦前首相や菅直人元首相、鳩山由紀夫元首相のブログなどと比べても目立って「ゆるい」のが特徴だ。首相就任後は少し硬くなったが、「秘書」名義ではない無署名の「本人」と思われる投稿に限ってみても、

「愛媛の誇りポンジュースも美味しかったです(^O^)」
「講演を前に、今評判の『東京チカラめし』で腹ごしらえ\(^o^)/」
「昭恵が敵をとってくれました! (-_-)/~~~ピシー!ピシー!」
「衛藤議員はFBで友達募集中との事、是非皆さん申請をお願いします(^^)v」

など、還暦間近とは思えない勢いで顔文字を使いこなす。

   こうした「安倍流」情報発信には、党内から軽すぎるとの反発もあるという(週刊文春、12年11月22日号)。一方でフェイスブックの読者数は日本人最多の25万7000人を記録している(ソーシャルインサイト調べ)。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中