フジテレビ初音ミク「ボカロ歌謡祭」のお粗末  タイトル誤記、CGしょぼすぎて「これ誰?」

印刷

   フジテレビが放送した「ボーカロイド歌謡祭2013(春)」が不評だ。歌謡祭とは名ばかりで人気ランキングが中心のうえ、メインタイトルの綴りを最後まで「VOCALOIDO」と誤って表記、登場したキャラのCGがしょぼいなど、「突っ込み所が満載だった」などとネットで非難されている。

   「ボーカロイド歌謡祭2013(春)~初音ミク から生まれた新たな音楽の世界~」はフジが2013年4月6日深夜に放送した1時間番組。

「歌謡祭」なのに人気ランキングの発表が中心

   ボーカロイド(VOCALOID)とはヤマハが開発した音声合成技術で、パソコン用ソフトを起動して音符や歌詞や打ち込むとまるで人間が歌っているように表現できる仕組み。日本ではクリプトン・フューチャー・メディアが製品化し「初音ミク」などのバーチャルアイドルが誕生し、動画投稿サイト「ニコニコ動画」ではおびただしい数の楽曲やキャラを使ったアニメーションが発表されている。また、セガによって立体CG動画が制作され、この立体動画を使ったコンサートが日本だけでなく欧米やアジア諸国で開催され大人気を博している。

   今回の番組でフジは「地上波初のボーカロイド歌謡祭」を謳い、インターネットとテレビのコラボになるとPRしてきた。ただし、ネットでは、フジはネットを敵視してきたはずなのに「今更なに擦り寄ってきてんだ??」など声が挙がっていた。

   番組に登場したボカロキャラはミクのほか、神威がくぽ、IA、GUMIが登場、歌を披露したのだが、突っ込み所が満載の番組だった、として騒ぎになった。まず、番組名であるにもかかわらず、「VOCALOID」の表記を間違え最後まで「VOCALOIDO」と紹介していたこと。

   「歌謡祭」なのに歌が少なく、前半と後半に紹介した人気ランキングが突出して目立ってしまった、などが報告された。

カルチャーを知らないスタッフが作った低予算番組?

   キャラが歌う様子の立体CG動画も、しょぼい作りだとして話題に。「首が落ちそうになっている」「キャラの足元に付けた影が、バックの人間ダンサーの影と方向が逆」などという指摘が。ミクのCGにも「これ誰?」という不満も出ていたが、なぜか番組の最後には、セガがコンサート用に制作したと思われる非常にクオリティーの高いミクが登場。「なぜ初めからこれを使わないのか」という不満の声が出ていた。

   こうなってしまったのは、ボーカロイドカルチャーに疎い製作スタッフが低予算で番組を作ったことが原因だろうという見方が大半だ。一方で、これだけ突っ込み所満載の番組だったため、非常に楽しむことができて「大満足だった」と皮肉な評価をする人もいた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中