オセロ中島を所属事務所が解雇 テレビ無断出演に「極めて遺憾」

印刷

   タレントでお笑いコンビ「オセロ」の中島知子さんが所属していた松竹芸能は2013年4月6日、中島さんとのマネジメント契約を同日付で解除したと発表した。「無断で、新聞やテレビの取材を受け、出演したことは、極めて遺憾」であるとしたうえ、「弊社の意向を無視した行動をこれ以上看過することはできず、中島知子氏とのマネジメント契約を継続することは不可能との結論」に至ったという。

   同社によると、中島さんの両親の意思を最大限尊重して、芸能活動への復帰に向け可能な限りの支援を継続的に行ってきたという。しかし、「社会的責任を果たすことができず、関係者の方々にご迷惑をおかけする恐れもあると判断し、断腸の思いではありますが、このような結論に至りました」としている。

   中島さんは11年4月から体調不良のため芸能活動を休止していたが、13年3月にテレビ番組に出演するなどしていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中